worldtravelerのブログ

主に私が経験したフィリピン留学で役に立つ情報を書きます

フィリピンの誕生日の祝い方

 

こんにちはYUKINOです。

最近もっぱら誕生日に誘われて、

いつも感じる事は日本とフィリピンの誕生の祝い方が違いすぎると、、、

そんなことで今日はフィリピンの誕生日の祝い方を紹介します。

 

f:id:s47a191w:20171105183139j:plain





 

日本の通常の誕生日の祝い方は、基本的に誕生日の人では無い人がサプライズをしたり何かを催しますが、フィリピンでは逆なんです!!!

 

誕生日の人が全て用意をし、お金も全部誕生日の人が払います。

なので、もし誕生日にバーに行って友達が誕生日を知って居たら全て支払わなければいけません。

 

 基本的に家族で過ごす事が日本より多いので、大抵大人になっても誕生日は家族で過ごします。

なので、誕生日は友達を招待してホームパーティなどが多いです。

基本的に誕生日に誘われたら断れないです。。。と言うより断らないです。

 

 先日お昼を食べにダウンタウンに言ったら友人に会い

”今日友達の誕生日だから来なよ”と言われて

 

知らない人の誕生日に参加し料理とワインをたらふくご馳走してもらいました。

f:id:s47a191w:20171105183007j:plain

誕生日の人のお父さんがフランスの方だったみたいでワインを沢山飲みました。

 

こんな感じで誰でもウエルカムなフィリピンの誕生日ですが、

フィリピンの誕生日で必ずと言って良いほどあるのが、

豚の丸焼きです。(通称レチョンと呼ばれる)

 

f:id:s47a191w:20171105183157j:plain

これはフィリピンでお祝いの時に出てくる料理です。

 

フィリピン人にレチョンが嫌いな人は居ない!!ってくらいみんなレチョンがあると飛び付きます!

(クリスマス・ニューイヤー・誕生日・フェスタでは必ず出てくる)

見た目は少しグロデスクですが味はとっても美味しいです。

そして、現地化の進んでいる私は、フィリピン人と同じように手で食べまーす(笑)

 

フィリピンではフォークとスプーンでご飯を食べますが、

私一応日本人なので、常々橋を使っていたのですが、フィリピンには箸がありません。

なのでフォークやスプーンを大抵使いますが、

レチョンや鳥のお肉を食べるときは、フォークとスプーンがうまく使えないので手で食べます。

 

(インドの人は手で食べるって事を知っていたのですが、フィリピンでもご飯を手で食べるとは思いませんでした、、、。)

最少は抵抗があると思いますが意外と行けますと言うより手の方が楽になってきます!

 

話が脱線しましたが、日本とは違いフィリピンでは毎週のように誕生日やフェスタやパーティがあるのですが、もし現地の人に誘われる事があれば、行ってみて下さい!!

 

きっとそこにはたくさんの異文化があるはずです!

そして、もし日本からフィリピンに来る事があれば、

レチョン(豚の丸焼き)食べてみて下さい!