worldtravelerのブログ

主に私が経験したフィリピン留学で役に立つ情報を書きます

語学留学と大学留学の違い

こんにちはYUKINOです。

最近体調を崩しやっと復活気味です、、。

今日は語学学校に留学するのと大学に留学する違いについて書きたいと思います。

ちなみに私は、フィリピンの語学学校に2校行き今現在はフィリピンの大学に留学しています。

 

皆さんもご存知かも知れないですが、フィリピンには英語の語学学校が沢山あります。

韓国資本日本資本の学校が本当に沢山あります。

語学学校とは、、、?

 

基本的に英語を話せるようになるために勉強する場所です。

もちろん日本で英語の勉強をするように語学学校でも文法や発音の勉強もしますが、一番のポイントはマンツーマンでスピーキングを出来る事だと思います。

 

日本に居るとどうしても英語を話す機会は限られてしまうので、、、

シチュエーションに合わせて会話の練習などをします。

 

日本人資本の学校はほとんど生徒が日本人なので日常会話は日本語です。

(意識の高い人は英語で話している人もいます。)

 

 

大学留学とは、、、英語で自分の興味のあるまたは研究したい科目を学ぶ。

日本の大学と同じように教養科目もあるので多少は学部外の勉強もします。1.2年のうちは教養科目が多い気がします。

英語で勉強をする事は決して簡単ではありません。

参考文献が全て英語なのと、プレゼンテーションやディベートなどが毎週のようにあります。

今期のセメスターで政治学?を取ってるのですがフィリピンの政治の問題点は何だと思う?みたいな事をクラスの前で発表させられます。

 

このようにフィリピンの一般常識も備えておかなければならないので大変です、、、。

そして毎週のようにレポートが出ます、、、。

 

 

そして、一番大変だと感じているのが

”英語で自分を表現する事”

友達の中にはネイティブの人も居るのですが、

本当に英語で自分を表現してきます。

恐らく日本人だと引いてしまうくらい。

海外で無口だと本当に空気になってしまうので、

 

もっと英語で自分を表現していかなきゃなと日々感じています。

大学留学は正直言って大変な事も多々ありますが、日本人が英語の勉強をする場所にフィリピンの大学は最適かもしれません。