worldtravelerのブログ

主に私が経験したフィリピン留学で役に立つ情報を書きます

語学留学と大学留学の違い

こんにちはYUKINOです。

最近体調を崩しやっと復活気味です、、。

今日は語学学校に留学するのと大学に留学する違いについて書きたいと思います。

ちなみに私は、フィリピンの語学学校に2校行き今現在はフィリピンの大学に留学しています。

 

皆さんもご存知かも知れないですが、フィリピンには英語の語学学校が沢山あります。

韓国資本日本資本の学校が本当に沢山あります。

語学学校とは、、、?

 

基本的に英語を話せるようになるために勉強する場所です。

もちろん日本で英語の勉強をするように語学学校でも文法や発音の勉強もしますが、一番のポイントはマンツーマンでスピーキングを出来る事だと思います。

 

日本に居るとどうしても英語を話す機会は限られてしまうので、、、

シチュエーションに合わせて会話の練習などをします。

 

日本人資本の学校はほとんど生徒が日本人なので日常会話は日本語です。

(意識の高い人は英語で話している人もいます。)

 

 

大学留学とは、、、英語で自分の興味のあるまたは研究したい科目を学ぶ。

日本の大学と同じように教養科目もあるので多少は学部外の勉強もします。1.2年のうちは教養科目が多い気がします。

英語で勉強をする事は決して簡単ではありません。

参考文献が全て英語なのと、プレゼンテーションやディベートなどが毎週のようにあります。

今期のセメスターで政治学?を取ってるのですがフィリピンの政治の問題点は何だと思う?みたいな事をクラスの前で発表させられます。

 

このようにフィリピンの一般常識も備えておかなければならないので大変です、、、。

そして毎週のようにレポートが出ます、、、。

 

 

そして、一番大変だと感じているのが

”英語で自分を表現する事”

友達の中にはネイティブの人も居るのですが、

本当に英語で自分を表現してきます。

恐らく日本人だと引いてしまうくらい。

海外で無口だと本当に空気になってしまうので、

 

もっと英語で自分を表現していかなきゃなと日々感じています。

大学留学は正直言って大変な事も多々ありますが、日本人が英語の勉強をする場所にフィリピンの大学は最適かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンのF9学生ビザの取り方 ~This is the Philippines~

こんにちはYUKINOです。

今日は、フィリピンのF9(学生ビザ)の取り方フィリピンの事について書きたいと思います。

 

 

私は、日本でフィリピンで必要な書類を集めて輸送したのですが、

日本のフィリピンの大使館と上手く連携が取れなかったみたいなので、

フィリピンに観光ビザで入国して学生ビザに切り替えてって言われたので、マニラで手続きしました。

 

 

 

正直言って”本当に大変でした”ですがこれがフィリピンかと感じました。

当初の予定では、

日曜日にマニラに渡り4日間滞在して、水曜日に帰る予定でした。

帰る気満々だったので、チケットも宿も予約して行きました。

 

ですが、、、、滞在三日目明日帰れると思って居たら”アナタハアシタカエレナイ”と言われ結局6日間滞在しました。

なぜならば”フィリピンタイム”のせいです。

ほんとーに手続きが遅くて一日一つしか進みません。

(今もなおこのフィリピンタイムに苦しまされてるのは事実ですが、、、。)

 

フィリピンのビザでマニラに行く際は確実に日数を多めに見ておくことをお勧めします。

 

1日目 grabタクシーを使いマニラのダウンタウンにある大学のオフィスに行きまた。(マニラの朝の渋滞は本当にひどかったです、、、)

オフィスの入っている建物に、

小さな病院が入っていてそこで身体検査を受けました。

確か1000Pesoだった気がします。(日本円で2200円くらい)

血液検査、視力検査、身長、聴力何から何まで調べられました。

3時頃に出来るから取りに来てと言われました。

オフィスの人が取りに行ってくれたので私は、

提出書類をひたすら書いてコピーの繰り返しをしていました。

 

2日目

朝8時半にオフィスに来てと言われたので行くが誰もいない。。。

9時過ぎにスタッフの人が来ました。(フィリピンタイム)

 

2日目は書類を持ってQUARANTINEという場所に行きました、、、。

( ビザの発行前に身体状態が良好か否かを確認する場所です。)

受付でいつフィリピンに来たか。

そしてどの空港会社を使ってきたかを聞かれたので、

証明できる何を持ってる方が良いですね。


 

受付で確か700Peso払いました(日本円で1540円くらい)

そこで、身体検査の結果を出しいくつか質問をされました。

 

「今までの病気の経歴」 

「家族の中に大きな病気にかかった人が居るか」 

「今の健康状態」について聞かれます。

ドクターからOKが出れば

パスポートにハンコが押されます。

f:id:s47a191w:20170814232614j:plain

 

このハンコが重要でこれが無いとVISAが発行できません。

このハンコは、この人は健康でフィリピンで生活できる事を証明します。

私が行った時は5月の終わりですが留学生がちらほらいました。

時期にはよると思いますが、

朝早くの方が混まなくスムーズにいくでしょう。



 

この後、

明日帰ろうと思って居るって言ったら

”アナタハカエレナイ”と言われました、、、、。

 

確かに明日すべてが終われば帰れるけど

”明日の事は明日にならないと分からない”と言われ、

 

あーーーーーこれがフィリピンかと思いらされました。

本当に。

 

そして明日はイミグレに行くから

 

ショートパンツや露出の激しい服は着て来ないでと言われました。

 

重要なのか2回くらい言われました。

 

3日目

朝のんきにぼーっとしていたら電話がかかってきて、、、

”なんでまだホテルに居るの!?”

と言われ時間を見たがまだ7時くらいでした。

 

待ち合わせは8時半だったので、

ん!?って思い時計を再度確認したが、

7時。

寝起きで何言っているか全然理解出来なかったんですが、

 

私を焦らそうとしてわざと電話してきてくれたみたいです、、、。

いつものようにオフィスに行ったら、とても怒られました。

 

なぜなら”ビーサン"で来たからです。(荷物を減らすためにサンダルしか持ってなかったのです。)

 

そこで、道端に売っているサイズの合わない靴を交わされ、

 

すぐイミグレへ。

時間は8時半ですが朝の渋滞にはまりなかなか動かない。

恐らく空いていれば10分くらいでしょうが40分ほどかかりました。

 

ですが、マニラのイミグレについてからはスムーズでした。

 

行くとすぐに、別室に連れていかれ、

質問を受けます。(良くTVである警察の取り調べ室みたいなところに連れて行かれます)

私の顔を見るなりフィリピン人のハーフでしょ!?

と言われ、純ジャパだよって言っても信じてもらえず、、、

私のパスポートを隠し何人だと思う!?と従業員に聞きまわっていて

大した質問はされませんでした、、、。

 

その後に写真と指紋を取られました。

VISAの値段は、12,000pesoだった気がします。(日本円で24,000位ですね)

 

そして、この後パスポートを預けてマニラを去りました。

そして、

この間パスポートのコピーを持っていたのですが、

 

身分証明書が一か月半くらい無かったです、、、。

 

パスポートのコピーは確実に取っておいた方が良きです。


 

 

本当にフィリピンの手続きは時間がかかります。日本で一日で出来る事を3日くらいかけてやります。本当に早め早めが良いとおもいます。(経験者は語る)


20170814現在のものです。

もしかしたら制度が変わるかもしれないので、学校関係者に聞いて見てください。

 

 

 

 

物件の探し方 In フィリピン

こんにちは。YUKINOです。

最近この私のブログを見てくれた友達から連絡が来て、”夏休み行こうかな~”と連絡が来ました。

正直凄いうれしくてブログやってよかったなと感じています。

そんな今日は、、、

 

フィリピンでどのようにして家を借りるか紹介します。

 

フィリピンには、

日本みたいに物件を紹介してくれる場所はありません。

インターネットで探すか、自分の足で一件一件探すしか方法はありません。

(インターネットはちょっと割高になっています)

良くアパートとかに張り紙がはってあります。(下画像参考)

 

書いてある連絡先に連絡して部屋を見せてもらい、

気に入れば契約と言う形です。

(問題が無ければ、最短次の日から一週間後にはもう家を受け渡してもらえます。)

 

家を借りる際にデポジットが取られるので、聞いてみて下さい。平均的に初期費用は、一か月分の家賃+デポジット家賃2か月分だと思いますが、、、交渉によっては安くなるかもしれません。(何も無かったら部屋を返す時に帰ってきます。)

f:id:s47a191w:20170723210324j:plain

f:id:s47a191w:20170723210308j:plain

家具ありorなし

シャワー cold or hot

窓に蚊よけの網がついてるかは確認した方がいいです。

Wifi がついてるかor 着けられるか。

この項目によって多少値段が変わります。

長期間住む場合には多少値引きをしてくれるのでオーナーに聞いてみましょう。

*日本人と分かると高く言われたりするので、現地の友達が居るのであれば、付き添いして貰った方がいいです。

フィリピンは家が決まるとすぐに移動させてくれます。

引っ越し業者とかはないので、自分でやらなきゃいけないです。

住む場所は大切なので自分の納得したところに住んだ方が良いですね。

 

フィリピンのstudent visaの取り方 Part1

こんにちは YUKINOです。

今日はF9と言われるフィリピンのstudent visaについての情報です。今回は日本で集めなきゃいけない書類編です。

f:id:s47a191w:20170730130240j:plain

 

 

最初に言っておきます!!!フィリピンでは、フィリピンタイムというものがあり、(日本で言う、沖縄のウチナータイムと似ています)書類や手続きでも1日一個しか進みません。

なので、多めに日を見ておくことをお勧めします!!

ちなみに私は当初3日で帰れると思い帰りのチケットも取って今したが、2日目で”あなたは明日は帰れない”チケットキャンセルしてと言われ結局5日間マニラに滞在しました、、、

 

ちなみにこれは私の行っているシリマンのやり方なのでフィリピンでも他の大学では違うかもしれませんので。参考程度にしてください(^^)

 

まず日本で集めなきゃいけない書類。

学校の人の英文推薦書2枚。

私は大学の学部長とゼミの先生に書いてもらいました。おそらく、形式上の物なので誰でも良いと思います。

*無犯罪履歴証明書(各県や都府の警察庁で取得可能)

警察署に行って指紋を取られます。ビザの必要書類や入学許可書がないともらえません。

そして、本人が申請に行かないと書類を発行してもらえないので、注意してください。

*成績の英訳

 

高校の卒業証明書英訳

 

健康診断英訳

健康診断については日本でも可能だと思うのですが、私の友人がフィリピンで調べて一回日本に帰ったらその健康診断は無効だと言われたので、マニラでやりました。

なので、日本でやるに越した事は無いですがフィリピンでもできます。

 

銀行の残高証明書

銀行に行き留学するのでドル建ての残高証明書を出してもらいました。2,3日で書類発行してもらえたと思います。

 

*印がついているのは、外務省で公証を得た後にフィリピン大使館に行ってレッドリボンが必要です。

(公証とは日本の書類を海外に出す際に正式な書類である事を証明するものです。都道府県によっては出張所がありますが、

手数料がかかります。たし1万円前後、、、時間があるのであれば外務省に送り(無料)公証を貰うのが良いです。)

 

結構どの書類も取るのに時間がかかるので早めにするのがお勧めです。

 

これを国際郵便を使いフィリピンに送りました。

(確か送料は約¥1500でした)

 

ですが、日本のフィリピン大使館とフィリピンの大使館の連携が取れなくて実際のVISAの手続きはマニラでしました。

 

マニラで行ったビザの手続きは長くなるのでNO2で紹介します。

 

 

 

ストライキが起きた理由・・・

こんにちはYUKINOです。

日々の生活が忙しく全然手が付けられずにいました。

先週は、課題とテストが山ほどあったり、引っ越ししたり、学校でストライキが有ったり。

中々日本でも経験出来ないことを経験しました。

 

今日は学校でのストライキについて書こうかなと思います。

今週の水曜日いつものように学校に行くと門の前にプラカードを持った人達がいっぱいいいました。時間は朝の7時、、、(この時は何も知りませんでした)

 

f:id:s47a191w:20170723102658j:plain

f:id:s47a191w:20170723102728j:plain

学校に入ろうとすると、”今日は授業無いよ” ”先生来ないから” !?!?

 

正直嘘だろ!?って思いました。(こんな早起きしたのに・・・)

確認のためガードマンにも聞きました。

 

一部の先生がストライキしてるだけだから、授業に行けと言われました。

 

クラスの前でまってたのですが、先生がこない、、、。

毎回クラスを確認しました。家と学校を何往復したことか、、、。

 

なぜストライキが起こったのか仲の良い先生に聞きました。

ストライキの原因は給料です”

 

先生(教授)たちは、月に18,000ぺそしか貰ってないみたいです。(日本円で39000円くらい)

大学院をでていても、何十年働いても給料は上がっていない、、、。

私の学校はフィリピンでも授業料が高い大学です。(1番か2番目くらいに高い)

さらに外国人の留学生は一般の大学生より少し多く払っています。

お金が無いわけでは無いのに、、なぜ?

一部の学校関係者は80,000ペソ貰っている。

不公平だ!ストライキしよう!となったそうです。

f:id:s47a191w:20170723102658j:plain

f:id:s47a191w:20170723102652j:plain

このストライキは3日間続きました。

しかも24時間体制でしていたそうです。

中には、高齢の先生もいたので先生の身体が心配になりました。

生徒の中には先生たちのストライキを助ける人もいて、一緒にプラカードを持ったり差し入れをしたりしていました。

フィリピン人の助け合いの精神を感じました。

何はともあれ、無事解決したみたいなので良かったです。

 

 

 

私がフィリピンの大学に留学した理由...

始めまして。YUKINOです。

私は、今フィリピンのネグロスオリエンタルという島のドゥマゲッテに滞在しています。ドゥマゲッテという都市には4つの規模の大きな大学がありその一つであるSILLIMAN UNIVERSITTY(シリマン大学)に通っています。

私が留学しようと思った時に情報が何も無かったです。

なので、今後フィリピンの大学に留学したい日本人に方の少しでも参考になればと思いブログを書くことを決めました。

先に言っておきますが、私の文章力は著しく低いのでどうぞお見知りおきください。

軽く自己紹介を...

出生地は神奈川で育ちは東京の23区外で育ちました。

小さいころから活発で良く男の子を泣かしていた強い女の子でした。

幼少期には、ピアノや水泳やそろばんそしてサッカーを習っていました。

この中で続けたものは、そろばんとサッカーでした。なんとも可愛げがないですね笑い

小学生の時はサッカーをしすぎて肌が黒くなりお前は何処の国の人だよって言われてました。

小さな時からやんちゃなのは変わってませんが、今現在は都内の某私立大学の4年生です。

3年で単位を取り終えたので、今フィリピンに留学しに来ています。

 

なぜフィリピン?ドゥマゲッテってどこ?って思いますよね...

ドゥマゲッテはフィリピンの中部ビサヤ地方にあります。

フィリピンの中では治安も良く、夜に女の人一人で歩いていても問題ありません。

f:id:s47a191w:20170708170414p:plain

なぜフィリピンの大学に行こうとしたか。大きな理由は3つあります。

1アジアの中で英語留学をしたかった。(アジアが好きだから)

 

2015年にドゥマゲッテの日本人が経営している語学学校に行きました。その時にフィリピン人の英語力の高さを身に染みて感じました。

なぜ同じ第二言語で話しているのにこんなにも、喋れるのか不思議でたまらなかったです。もっとフィリピンを知りたいと思った事そしてフィリピン人は親切な人が多く、特にドゥマゲテはGentlemanの町と言われています。そんなひとが温かい土地で勉強したいと思いました。

この時に私はフィリピンで勉強する事を決意しました。

2温かくて海が綺麗なところに行きたかった。

私は、海が好きなので海の綺麗な場所にどうしても行きたかった。なので、フィリピンを選びました。こんな綺麗な海が近くにあるのは最高です!!(隣の島ですが)

f:id:s47a191w:20170708171918j:plain

3費用が安いところに行きたかった。

私の行っているシリマン大学は、創設者がアメリカ人の為多くの留学生の受け入れをしています。

シリマン大学の学費は年間12万円くらいです。(学部や科目数で異なります)日本の大学の10分の1ですね。

授業は全部英語で、レポートやプレゼンなどの発表も英語です。

(私が、日本の大学に入る前にこの事を知っていたら絶対にフィリピンに来ていたでしょう。)

第二言語が英語の人ようにEO(english orientation)という入門クラスもあります。

フィリピンなかで外国人受け入れを行っている場所は多くはありませんし、まだまだマイナーなので情報が圧倒的に少ないですが、費用を安く大学留学したい方には良いのでは無いでしょうか....

少しでも多くの方の役に立つ情報をながして行きたいと思います。